百花園の茶会    

   

      

 百花園は、江戸の町人文化が花開いた文化・文政時代に造られた庭園で、花の咲く草花観賞を

中心とした「民営の花園」として開園されたそうだ。馴染みの草花がたくさん植えられていて、名前

の思い出せない花も、名札がついているのでうれしい。名前を覚えることで一層親しみが増すか

らだ。夏の「虫ききの会」のお茶会がもたれるころは、キキヨウ、ヒオウギ、クズ、ミソハギ、フジバ

カマ、ススキ、ナンバンギセルなどを墨田区のスカイツリーの見える場所で見ることができる。

私は数年前から向島の千穂庵でお茶の研究会に出席しているが、百花園のお茶会にも参加して

いる。古くから地元の茶道家が協力しているとのことである。

都会のオアシスのような百花園には大勢の方が訪れるので、流派にこだわらず、気軽にお茶が

いただけるとあって、てんてこ舞いである。
    
お茶席の床にかけられている軸である。月が大きく書かれ、水を掬すれば手にあり、水を両手で

掬えば、そのわずかな水にも月の光を宿しているという、いかにも月見の茶会にふさわしい軸で

ある。旧暦の8月15日に「十五夜」と9月13日の「十三夜」に月を愛でる風習があったようだ。

百花園ではお供え式がある。月がよく見える藤棚前に台が設えられて、団子や野菜が供えられ、

ススキが飾られる。

篠笛の演奏があり、夜の園内は、ぼんぼりや行灯がやさしく照らし、江戸時代はこんな風流を好

んだのであろうと想像できる。

茶席は御成り座敷で、二席ある。3時から8時までなので、電気で照らされてお点前をする。昼間

とは違った風情がある。

お茶席に入った15名ほどはお月見のお団子を食べ、目の前で亭主が点てたお茶をいただく。

3客からは奥で点てたお茶を運ぶ。茶席のお手伝いの方々は20人ほど。

この日のために、2時間もかけて遠くから来る人もいる。9月は季節がいいので、気分転換に百

花園を訪れるのだろう。

風流な場所での月見に、お茶をいただく。多いときは100名ほども茶席を訪れる。

手伝いのメンバーはいつもの稽古仲間と違って、ほどよい緊張感のなかでお点前をするのも

勉強になる。

この庭園には、万葉集など古典に詠まれている植物を集めているので、立て札もたくさん立て

られている。山上憶良の秋の七草も植えられ、札も立っている。見ながら歩くのも楽しい。

       秋の野に 咲きたる花を 指折りかき数ふれば 七種の花 萩の花 尾花葛花    
         なでしこの花 をみなえし また藤袴 朝顔の花
      
       鳥の名の都となりぬ梅やしき

       芭蕉「こんにゃく」の句碑  こんにゃくのさしみも些しうめの花

       其角堂永機碑  朧夜やたれをあるじの墨沱川

       

萩のトンネルである。秋の七草、マメ科で枝が垂れているので、写真のようなトンネルができる。

見上げると、赤紫の細かい花と白い花が咲く。明るいので歩くと気持ちが晴れる。

かつて山でよく見かけたが、低木で手入れがされていないので、こんなに清楚で可憐な花だった

のかと感動した。

着物姿で歩いても違和感はない。いちばん風情があるかもしれない。

百花園の名称は、一説では「梅は百花に魁けて咲く」、または、「四季百花の乱れ咲く園」という

意味でつけられたらしい。